LED工事

LED照明のメリットとデメリット

■ 省エネルギー
LEDは発光効率が高く、消費電力はハロゲン球の約1/8、蛍光灯の約1/2程度。
それでいて同等の明るさを発光させることができます。

■ 長寿命
家庭でよく使われている白熱電球の寿命は1千~2千時間です。
しかし、LEDなら4万~6万時間と、なんとそれはLEDの寿命は白熱電球の約40倍の長さ!定期的に交換する必要がないため、高所などの照明にも最適です。

■ 瞬間点灯
従来の照明では、スイッチを押してから点灯するまでに、一定の時間がかかりましたが、LEDなら瞬間点灯が可能に。
点灯・消灯の繰り返しにも強いため、人の動きを感知して点灯する「センサーライト」などにも最適です◎

■ 紫外線・赤外線の放射量が少ない
照明には日焼けの原因となる紫外線が含まれています。
しかし、LED照明は日焼けの原因となる紫外線をほとんど含まないため、色あせの心配がありません。
また、発熱もしにくく、熱の問題で設置できなかった場所でも、取り付けが可能になります。

■ 衝撃に強く、安全性が高い
従来の照明は少しの衝撃でも簡単に割れてしまい、ガラスが飛び散ってとても危険でした。
一方でLEDは衝撃に強く割れにくい構造のため、安全性が高いといえます。

デメリットに関しては、初期費用がかかってしまう、LEDの光が直進性のため明るさが均一にならない、といったことがありますが、長い目で見ると白熱電球よりもたくさんのメリットがあるLEDの方がオススメです。

【電話番号】03-5724-3138
※営業電話お断り
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 目黒区・港区を中心に、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県から全国対応

一覧ページに戻る